MENU

ソニー銀行カードローンの借入方法を知って上手に活用

ソニー銀行カードローンは、インターネットを活用することができる銀行カードローンになります。
申し込み方法も、インターネットを使うようになりますが、借入れ方法にも少し違いがある点に注意が必要です。

 

ネットバンクだからこその利点もありますので、うまく活用できるかどうかがポイントとなるでしょう。

 

自社ATMがない代わりに

 

ソニー銀行カードローンの場合、自社のATMがありません。
では、どこから利用するのかといえば、提携ATMを活用していくことになります。
ここが、ソニー銀行カードローンの最大の利点でもあるといえるでしょう。

 

融資の申し込みを会員用のサービスサイトから行うと、ソニー銀行の口座に振り込まれます。
専用ATMがない代わりに、セブン銀行、イオン銀行のATMは何回でも無料で使うことができ、引き落とすことができるのです。
これだけでも、全国で使うことができるようになるのですから、かなり便利であることは間違いありません。

 

この2つのATMに加えて、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、E-net、ローソンATMでも利用することができます。
その代わり、月4回までは無料となりますが、それ以降は108円の手数料がかかるようになるのです。
ですが、月4回という回数は、現実的に問題となるような回数ではないため、実質は無料で利用していくことができるといえるでしょう。

 

特徴的なテレホンバンキング

 

もう一つ特徴的なのがテレホンバンキングです。
電話という名前がついていますが、なにもオペレーターが待っており、会話をしながら進めるというわけではありません。
自動音声に従って進めていくだけですので、だれでもできる方法となっています。

 

暗証番号や金額を入力していけば、ソニー銀行の自分名義の口座に振り込まれますので、そこまで手間がかかるわけではないでしょう。

 

しかし、このテレホンバンキングに関しては、営業時間内に行わなければいけません。
平日9時〜20時、土日祝9時〜17時ですので、この時間は覚えておく必要があるでしょう。

 

もちろん、この方法も手数料は無料で利用することができますので、安心してください。


このページの先頭へ