MENU

申し込む前に重要となるソニー銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行カードローンの中でも、かなり人気が高いのが、ソニー銀行カードローンです。
その名前の通り、大手電機メーカーのソニーの出資によりできた銀行となっています。
そんなソニー銀行カードローンですが、何事にもメリットだけがあるわけではありません。

 

どんなことがデメリットになるのかを知っておけば、さらに利用しやすいものとなるでしょう。
競合する銀行カードローンと比べ、いったい何が特色なのかも知っておくことが大切です。

 

ソニー銀行カードローンの持つメリット

 

ソニー銀行カードローンの場合、パートやアルバイトでも申し込みができ、自営業者でも使えるところが重要です。
意外と自営業者を断るところが多い中、かなり便利なものとして使えることとなるでしょう。

 

収入さえあれば、年金生活者でも申し込み可能で、配偶者に収入があれば主婦も10万円までであれば借り入れすることができるのです。
口座があると利便性が全く異なるソニー銀行カードローンですが、同時に申し込むこともできます。

 

メリットとして大きなものが、2.5%〜13.8%という金利設定でしょう。
利息制限法の限界である18%に設定されることも消費者金融と比べ、4%近く変わってくることになります。
一般的な銀行カードローンですら15%が基本線となることを比べても、かなりの低金利の商品といっていいでしょう。

 

さらに、ネットバンクであることから、店舗に行って申し込むのではなく、インターネットを活用して申込みができます。
Faxなどを活用することで、素早く対応させることができますが、書類の郵送でも対応しているところは便利でしょう。
返済は引き落としになりますので、いちいち面倒もありません。
口座さえあれば、即日融資も可能ですので、性格的にソニー銀行カードローンを利用している人に向いているともいえます。

 

さらに、本人確認書類も収入証明書も300万円以下であれば必要がありません。

 

デメリットを把握しておくこと

 

デメリットとして挙げられるのは、やはり口座開設の問題でしょう。
新たに作ることが重要となってきます。

 

ソニー銀行カードローンに申し込みと同時にできますが、審査に落ちてしまったときには、口座開設もキャンセルされます。
この口座開設の時に、本人確認書類が必要になることから、申し込みには本人確認書類の必要がなくてもそろえなければいけません。

 

返済方法は、口座引き落としのみとなってくるため、手間がない代わりに常に確認しなければいけないでしょう。
インターネットを使っていくことになるため、こうした環境がなかったり、なれていなかったりする人にも向いていません。


このページの先頭へ