MENU

ソニー銀行カードローンの審査にブラックリストは使われるのか

ソニー銀行カードローンを利用する際には、必ず審査を受けなければいけません。
その審査は、銀行カードローンとして、決して簡単なものではなかったりします。

 

落とされてしまったりすると、自分はブラックリストに載っているのではないかなどと考えてしまうこともありますが、本当にそういったものが原因だったのか知っておくことが重要です。

 

世の中にブラックリストなどない

 

大前提として、ブラックリストなるものは存在しません。
個人の信用情報は、信用情報機関で管理されており、そこにはブラックリストなるものなどないのです。

 

だれかには貸してはいけないといった、個人情報が載っていたりするのではなく、借入総額やこれまでに起こしてしまった事故情報といったものが載っています。
登録している業者や本人であれば、確認することもできるのです。

 

この情報の中には、申込情報や利用情報も確認することができ、共有されているところが重要になります。

 

では、どうしてソニー銀行カードローンに通らない可能性が出てくるのかといえば、この情報に問題があるからなのです。
それは、だれかが悪意を持って記載したものではなく、事実だけが載っているところにポイントがあります。

 

実際に審査に通りにくくなる記載事項は

 

申し込み件数が多すぎる場合には、審査は通りにくくなります。
この信用情報の中には、どれだけ審査の申し込みをしたのかも記載されているのです。

 

そのため、直近から半年程度期間で3社以上の審査を申し込みすれば、お金に困っていると判断され、審査は通りにくくなるのです。
審査を一度受けたら、できるだけ時間を空けることがポイントとなるでしょう。

 

次に大きな問題になるのが、事故情報です。
異動と書かれることになりますが、2カ月以上返済の滞納をしたことがあったりする場合や自己破産や民事再生などを行った場合に記載されてしまうことになります。

 

この期間は5年間保持されるところに注意が必要です。
数日遅延した程度は、記載されることはありません。

 

もう一つ注意しなければいけないのが、入金状況が不明と書かれることなのです。
入金していない状況で遅延が起きているが、理由も不明と書かれてしまうと、非常に印象が悪くなります。
当たり前のことですが、必ず事情を説明し、一部でも入金する努力を欠くような人は、次にだれも貸したりすることはないでしょう。


このページの先頭へ