MENU

ソニー銀行カードローンの誇る低金利をよく知ること

ソニー銀行カードローンの最大の特徴といえば、何よりも低い金利にあるでしょう。
基本的に低く設定される銀行カードローンの中でも、かなり低い部類になってきます。

 

ただし、少し構造を知らないと、うまく活用することができなくなってしまうのです。

 

低金利が魅力のソニー銀行カードローン

 

ソニー銀行カードローンの場合、金利はかなり低い水準といえます。
銀行カードローンの一般的な水準は、15%が上限といってもいいでしょう。

 

それが、2.5%〜13.8%になっているというのは、かなり抑えてあることは間違いありません。
確かにもっと低い水準の金利もありますが、ここまで抑えてあれば十分なレベルであるといっていいでしょう。

 

もう一つ、もしも遅延してしまった場合に、低金利になっているところは、それだけリスクを見ており、20%程度の金利を設定しています。
ところが、ソニー銀行カードローンの場合には、14.6%とこちらもかなり低いのです。

 

このレベルにあるのは、三菱東京UFJ銀行カードローンになりますが、こちらは基本の金利の設定がソニー銀行カードローンより高くなっています。
つまり、全体的に金利が低い特徴を持っていると考えていいでしょう。

 

意外と見逃される点ですが、だれにでも可能性があることであり、こうした部分を無視していると大きな金額を支払うことにもつながってしまうのです。

 

 

限度額が上がればさらに低金利に

 

非常に低金利ですが、それも利用限度額によって左右されることが重要でしょう。
それもあくまでも利用限度額であり、50万円ごとに変動するタイプになっていることがとても重要です。

 

利用限度額が50万円までは13.8%になっています。
これが、100万円未満となると12.8%になるのです。

 

次が150万円未満であり9.8%とかなり下がり、200万円以下であれば9.0%になります。
つまり、限度額が50万円で10万円借りるのと、限度額が100万円で10万円借りるのでは、金利に4%もの差がつくのです。
これはかなり大きなものとなるでしょう。

 

これだけ見ると、いかに大きな利用限度額を引き出すことが得策なのかが見えてきますが、すぐに大きな限度額にすることはできません。
良好な取引きをして、信用を勝ち取ることができれば、こうした好条件で取引することができるようになるのです。


このページの先頭へ